1. HOME
  2. 特集
  3. 本願寺・寺宝展――「東本願寺と江戸幕府」(終了)

SPECIAL

特集

本願寺・寺宝展――「東本願寺と江戸幕府」(終了)

町屋光明寺 落慶記念 本願寺・寺宝展――「東本願寺と江戸幕府」(終了しました)

 町屋光明寺では、平成30年4月23日(月)から5月6日(日)まで、関東エリア初公開となる徳川家康公より拝領した鐙(あぶみ)、鞍(くら)をはじめとした十数点を展示する【本願寺・寺宝展――「東本願寺と江戸幕府」】を開催いたしました(後援:荒川区教育委員会)。

 当寺の本山である本願寺(京都府右京区)の協力を得て寺宝を展示できたことで、宗教活動が葬儀、法要だけでないことを改めて理解して頂く機会となりました。遠方の親戚に墓参りを兼ねての上京を勧め見学に来た例もあり、来寺のきっかけとなったことは望ましい傾向でした。身近な場所で気軽に歴史的価値のあるものを感じて頂ける機会は見学者に大変好評で、博物館より近い距離でみる家康の真筆は”筆の勢い”まで感じられ、江戸時代の歴史に興味がわいたとの感想もいただきました。

 落慶記念をきっかけとした展覧会でしたが、今後は寺宝に限らず仏教に関わる歴史的展示や、文化活動を支援し公開する機会を設けていく予定です。

開催概要

日時:2018年4月21日(月)~ 2018年5月6日(日)
場所:町屋光明寺 東京御廟本館 1階 久遠殿
拝観料:無料
出品作品:本願寺・寺宝展_出品リスト
拝観者数:435名

町屋光明寺プロジェクトさんの投稿 2018年4月20日金曜日