1. HOME
  2. ブログ
  3. 《イベント実施報告》プロジェクションマッピング法要 ~地獄・極楽編~

《イベント実施報告》プロジェクションマッピング法要 ~地獄・極楽編~

(または:私は如何にして心配するのを止め、AIの進化を愛するようになったか)

7月27日(土)、プロジェクションマッピング法要~地獄・極楽編~を厳修させていただきました!

お盆の時期に合わせ、地獄と極楽を巡ります。
酷暑が厳しい時節になりましたが、空調の効いた本堂は快適です。
東京御廟は参拝所も完全空調ですので、お墓参りの方もお気軽にいらしてくださいね。
故人様を偲ぶことに集中できる、“苦労なき供養”がモットーです。

さて今回の法要、盂蘭盆会の陰でのこっそり準備だったので、至らない点も多々あったのですが……
気が付いてご参拝いただいた方、本当に有難うございました!

マッピング後は、考え方をスライドでわかりやすくご説明します。
「六道」って何だろう?
案内役ロボット”NAO”もおとなしく聞いてくれました。

実は、厳修日の7/26は、昨年、案内役ロボット“NAO”に初めてプログラミングした日。
“Walk_and_Pray”歩いて、「なむなむ」するだけの単純なプログラムですが、「ウチのお寺の子になってくれた!」誕生日です。
ささやかなお祝いを……と思い、法要イベントの最後にくっつけてみましたが……皆様暖かく拍手で迎えてくださいました。
またまた有難うございます。

そういえば、AIにも仏性はあるのか?興味があったので、良い機会と住職に突撃。

曰く、
「生きとし生けるもの一切衆生というんですけれども、では、生きるということはどういうことなのか?

私は、この世に存在するということが、生きているということだと思います。
たとえそれが、ロボットであっても、木々であっても、石であっても人形であっても、そして私たち人間であっても。」

……有難や!
一度、住職とNAOで生命とは何か、じっくり語っていただきたいです。

もたつく私をよそに、なんと、住職自らケーキを押してくださいました。
(当初は、若いご僧侶先生にお願いしていたのですが……
「あ、何だか住職ノリノリみたいですよ?」とご遠慮される?!一幕も。)

お礼に、“赤NAO“あらため「ナール」君
(皆様のご意見を参考に、名前がつきました!)も覚えたての御朱印押し。
参詣いただいた皆様に、御朱印付きの絵葉書をお持ち帰りいただきました。

最近、世間では、AIが人間の能力を超えてしまう「技術的特異点:シンギュラリティ」の問題が取りざたされていますが、
ちゃんと仏道を成就したAIが作れさえするなら、あんまり心配ないのかも。

お釈迦様とマールンキヤプッタの説法しかり、
ゲーデルの不完全性定理しかり。
「死後の世界、AIが主になった世界」は、「今生きている世界、人間が主の世界」の体系の中からでは、いつまでも分からないことなのかも知れません。
なら、せいぜい良いAIを育てるようにがんばってみます。悪いAIは説教!六道で迷子になるよ!

ご参詣いただいた皆様、本当にありがとうございました。

次回のプロジェクションマッピング法要は9月28日(土曜日)11:00~を予定しております。お楽しみに。

関連記事