1. HOME
  2. ブログ
  3. 世界にひとつだけの花 ~本堂お花畑計画~

世界にひとつだけの花 ~本堂お花畑計画~

本堂がお花畑に!?

令和元年、町屋光明寺夏の盂蘭盆会は東京御廟十周年を記念した、いつもと少しだけ違った合同法要。
昨年の春から練りに練られた企画が盛りだくさんの三日間になりました。

「供養と感謝の夏祭り ~これからもみなさまとともに~」のタイトルどおり、縁日や光明寺の歴史展示などなど、本館はどこもかしこもにぎわっていましたが、合同法要の中心である本堂も今までにないもので賑わっておりました。
今までにないもの…それは「花」です。
合同法要に献花はかかせないものですから、これまでもお花は沢山登場していたのですが、今回のスタメンはかつてない選手ばかりだったのです。

ヒマワリ、蒲の穂、バラにガーベラ、カーネーション…  百合や菊といったいつもの選手は海外遠征にでも出払ってしまったのか??? と参詣者のみなさんも、ひょっとしたら心配されていたのではないでしょうか。

お寺にバラも似合います

その理由は住職の法話で判明します。
何故町屋光明寺本堂がお花畑と化したのか!?動画でご覧ください。

<動画準備中>

関連記事